OurWorks:不動の人気「いちご泥棒」

先日,Kutembeaから程近くの茅ケ崎美術館で

「ハワイアンキルト展」が開催され

全国よりたくさんの方々が茅ケ崎にお越しになりました

 

今回ご紹介するのは

その帰りにご来店頂いた八王子からのお客様

 

お店に入ってWilliam Morrisのいちご泥棒の生地をみて

「以前からカーテンを掛け替えるならこの生地と決めていたの!!」

 

とんとん拍子にお話しが進み

その後メールとお電話でのお打合せを重ね

無事ご納品できました

 

出窓の2段マクラメレースは2.5倍ヒダ

いちご泥棒のかわいらしさに

華やかさがプラスされました

 

いちご泥棒のFabricは5色展開

colorによって全く違う表情を見せてくれます

 

カーテンを選ぶとき・・・

 

どの柄にしようか

どの色にしようか

 

迷う事が多いと思います

 

KuTembeaではご要望をお伺いしながら

迷われたとき

お店にあるカタログやサンプルの

お貸出しのサービスをさせて頂いております

 

ご自宅のインテリア合わせたり

日中の自然光、夜の照明

1日の光の移り変わりによって

そのFabricがどう見えるのか

ご自宅でご確認頂く事で

ご納得頂けるケースが多いです

 

「こんな暮らしがしたい」を探しに

どうぞお気軽にご相談ください♪