Works:ブルーグレーとブラウンの大人色♪

今回ご紹介するのは …

 

リビングのカーテンの掛け替えのお客様

 

1年前に偶然KuTembeaを見つけて頂き

こんな近くにカーテンを扱っているお店があるのねと

思って頂いてくれたそう

 

先日、お店にご来店時

ご友人からのハガキを持参されて

こんな感じのカーテンあるかしらと

 

そこにはエンジ色のモリスの壁紙

 

そう!

雑誌の切り抜きやスマホで撮りためた画像等

なんでもいいんです♪

こんな感じにしたいのという何かをご持参頂くと

イメージを共有できるのでご提案もスムーズ♪♪

 

見本帳を色々見て頂いて・・・

 

やはり気になったのはウイリアムモリス

エンジ系とのお話しでしたが・・・

 

お客様のお洋服等でお好みを感じをみながら

ブルグレーとブラウンのコントラストが素敵な

このファブリックをご提案したところ

ピン!ときたご様子

 

大きなスケールで渦巻く大胆なデザインは

チューリップの花

躍動的でお店でも人気の柄です♪

 

リネン素材独特の

ざっくりとした感じと

外からの光を浴びた透け感が

とってもナチュラルで素敵です♪

 1876年にウィリアム・モリスが壁紙として

デザインしたこの模様は

モリスの優れたデザインの中でも典型的なもの

ファブリックは全部で4色

 

お店でご覧いただけます

カーテンと併せてクッションやテーブルクロス

寝室にベットカバーを作っても素敵ですね 

小さなオーダーも承っております

 

生地のみの販売もしておりますので

お気に入りの素敵な生地で

自分だけのお手製づくりもはかどりそう♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ウイリアムモリスについて

 

1834年、ロンドンの郊外に生まれたウイリアムモリス

「美しいと思わないものを家に置いてはならない」と語り

手仕事からうまれる自然に根差した美しさを発表しつづけました

草木や樹木をモチーフとしたファブリックは

150年以上経てもなお新鮮な魅力に満ちています

(カタログより引用)

 

1862年にロンドンで開催された万国博覧会の頃

ジャポニズムが流行し

日本の着物や浮世絵等の影響を受けたそう

 

ウイリアムモリスの商品が

日本が本国イギリスに続く人気なのも納得です