· 

Works:aroma room Annonサロン編

カーテンを選ぶとき、どうやって決めたらいいのか?

って悩むのよね・・・

そんなお客様の声から

初の試みとして

KuTembeaでカーテンをご注文頂いたお客様からインタビューしながら

カーテンの選び方のヒントをご紹介していきます!

今回ご紹介するお客様は

茅ヶ崎在住で

ご自宅で

アロマテラピーサロン

aroma room Annon(アロマルームアンノン)

経営されている渡辺聡美さま

 

KuTembeaのOpen当初からのお客さま

今回新居にお引越しするタイミングで

KuTembeaでカーテンをお取り付けさせて頂く事になりました♪

ご相談を受けたときには

 

具体的にカーテンとなると

どのようなものをつけたいかはわからないのですが・・・

こうしたいとうインテリアのイメージはあるんです!と

 

イメージするキーワードは

アクセントカラーはグレー

シックで大人っぽく

大人の女性が好みそうな

ちょっと生活感のない

既存の家具は赤茶で

床は木目調の白・・・

 

それと併せて

収集した画像をみせてくださいました。

 

ふむふむ・・・

なるほど!

 

聡美さん、それはずばり!!

「ホテルライク」なインテリアですね♪

 

という感じで

まずはイメージを共有するために

じっくりとお話をするところから

打ち合わせは和やかな雰囲気で進んでいきます

 

イメージを共有できたところで・・・

 

お店にあるたくさんのサンプルBOOKから

イメージされているのはこんな感じかしらと

セレクトしながらお見せしていきます

 

時にはカーテンのかかっている画像を見ながら

イメージを膨らませていきます

何点かご提案させて頂いた中から

「これ!」というのを2点ピックアップ

 

今回はお家の窓のサイズの記載のある

平面図をご持参頂いたので

それを基に概算で金額を出していきます

 

そのひとつの刺繍の生地が

理想のイメージにピッタリ

 

イギリスのサンダーソン社の刺繍の生地

 

刺繍の生地は

KuTembeaでも人気のファブリック

【Befor】

 

今回の窓は

普通の窓より少し高めの位置に配置されています

 

その窓をかっこよく見せるテクにクックとして・・・

 

まずはスタイル

上下に昇降するシェードスタイルにして

天井から生地を取り付けます

 

さらに両サイドもすこしたっぷり生地を使って

窓よりも大きめなサイズにしてみました

【After】

 

窓が大きくスタイリッシュな印象に♪

そしてお部屋全体が広く感じられます

 

もしこの窓に普通のカーテンを吊るしてしまうと

平凡な印象になってしまうと想像します

 

カーテンは生地選びも大切ですが

どんなスタイルにするのか

どの位置に取付るすのかで

印象が大きく変わっていきます

 

カーテンの生地と共布でクッションもオーダー

お客様用のブリテッシュブルーのソファ

 

インテリアのアクセントになってます♪

そしてこのお部屋

元々は白いクロスだったのですが

なんと聡美さん

新築なのに白い壁を

グレーに塗り替えちゃったんです

 

家を建てたら絶対サロンはグレーに塗るぞ!と

決めていたそう

 

ご主人のドイツ赴任の際に

ドイツでは

壁は自分色に塗り替えるのが当たり前

そんな経験から

聡美さんのプロフィールはこちら☝

 

白い壁より断然おしゃれに

白地にグレーの刺繍のファブリックも

より素敵に映ります♪

【カーテンスタイルのお話し】

 

上下に昇降するシェードスタイルは

生地が上にたまるので

すっきりとした印象のスタイル

 

降ろし切った時には絵を描けている様な雰囲気

表情のある刺繍柄とグレーの壁のコントラスト

 

ホテルライクな印象のインテリアに

大切にご使用されているオーダーメイドの家具と

グレーのタオルが似合う大人かっこいい施術ベッド

そして大らかな優しさで包み込んでくれる聡美さん

新居での再スタートの準備が着々と進んできましたね

聡美さんのブログにはその様子が綴られています☝

 

心も体もリラックスして

ずっと居たくなるようなそんな空間♪

 

リニューアルスタートは7月中旬のご予定

詳しくはこちらよりご覧いただけます☝

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。